井上さんのお話まとめ

この記事は9月11日に開催されたAYA UCHIDA 『ICECREAM GIRL』発売記念 最速フル試聴イベントの、
井上さんのトークを纏めたものです。
「一字一句こう言っていた」なんてことはもちろんなく、ボクの言葉になってしまっている部分が往々にしてあると思います。
ただ、ボクの考えではないです。
何か間違ってる、誤解されそう、解釈が違うなどあったらツイッターのリプでもなんでもいいので教えてください。

用語集
・コンペ
コンペティションのこと。
ここでは、内田さんのために作曲されたたくさんの曲を、
内田さん本人とスタッフ数人でどの曲を歌うか投票する会議のことを指します。

・井上さん
日本コロムビアのディレクター、井上哲也さん。
この人が内田さんにソロ活動を始めさせた人。
内田さんのソロ活動のプロデュースをしている人。




曲単体でない話
今回のコンペでは最初に約200曲ほど集まった。
その中からスタッフが内田さんに合う曲を25曲まで絞り、
さらにその中から作曲者名は伏せた状態で、
内田さんを含めた主要スタッフで投票して決めた。

シングルをSUMILE SMILEまで出さなかったり、
タイアップもしていないのは内田さんのソロ活動を企画した段階から決めていたこと。
逆にそうすることにより、「曲が素晴らしいから不要」と言えるだけのクオリティにしようと考えた。
また、アルバムに収録されたその全てが、
シングルとしてリリースされてもおかしくないほどのクオリティにしようという決意の表れでもあるそう。

アップルミントとbreezin'は井上さんが内田さんに合う前から制作していて、
曰く「内田さんに歌って頂くなら普通に良い曲じゃ絶対ダメ。すごーく良い曲じゃなきゃダメだ。"神曲"なんて軽々しく言われるような曲じゃダメだと作家さんたちに強くプレッシャーをかけて作ってもらった」らしい。
そしてそれを持って、内田さんにデビューの話を持ち掛けたそう。

<以下、ICECREAM GIRL収録曲の各曲解説>
What you want!
勿論ラップという要素も含め、今までに意外となかったタイプの曲調。
コンペでもほぼ満場一致ですぐに収録が決定し、ギリギリまでyellow sweetと表題曲をどちらにするか悩んだ曲。

Yellow Sweet
井上さん依頼書き下ろし曲1。
ロックでなくEDMのこの曲が表題曲として選ばれた理由は、
今までの表題曲はロック調のものだけだったが、
主軸となっているのはロックだけでなくEDMもであり、それを示すため。
hisakuniさん曰く、EDMの中でさらに細かく区分するなら「フューチャーベース」。
川崎さん曰く、「この曲は内田さんの声だからこそ映える」。

Say Goodbye, Say Hello
これを作曲した木之下さんは内田さんの楽曲を作っていただくのは初めてだが、
是非作りたいと意気込んで作ってくれたらしい。
ただ、コンペは作曲家名を伏せて行ったため選ばれたのは曲が良かったから。
歌詞は8割が2日で出来たが、サビの終わりが思いつかずに結局完成までは2か月かかっている。
「Say Goodbye, Say Hello」というフレーズが浮かぶまでが長かったらしい。
歌詞がとにかく良いので発売されたら目を通してほしいとのこと。

Closs to you
書き下ろし曲2。
内田さんの新たな扉を開くために作っていただいた曲。
そのために完成まで時間をかけて、
「今作っている曲本当に良い曲だから」と内田さん本人に声をかけていたらプレッシャーになってしまったらしい(笑)
内田さんが歌うまではもっと壮大になるのではと想定していたが、
彼女が歌ったことで等身大の落ち着いた曲に仕上がった。
(尤も、内田さんの技量なら壮大にも歌えたが、それよりも良かった)。

Holiday
一応コンペ曲だけど、内田さんの「はいこれ私歌いたいでーす!」でだいたい決まったw
あくまでもコンペの段階では黒須さんの歌詞は仮のものだったが、内田さんが気に入って本決定になった。
ただ、その段階では1番の歌詞しかなく、その上黒須さんが超多忙だったため、2番の歌詞を書いてもらうことも出来なかった。
でも内田さんはこの歌詞で歌いたい。
となった時に、じゃあ内田さんが自分で書いてみる?という話の流れになり、翌日には井上さんのもとへ歌詞データが届いたそう。
それがとても良かったため、全く内田さんの原稿には手を加えず、もともとあった1番の黒須さんの歌詞に内田さんが手を加えて完成となった。

Under Control
コンペの中でBitter Kissテイストの曲も必須だろうという話になり、
ではロック調のなかではどれが良いかという競り合いの中で決まった1曲。
Bメロは収録前段階ではもっと短かったが、内田さんの「(ファンの)みんなに叫んでもらうところがもっと欲しい」ということで、
内田さんの案で同じフレーズを2回繰り返すことになった。
歌詞が去年の内田さんの体調と照らし合わせて考えられるというのは制作側は意図していなかったが、
内田さん自身のそういった解釈により、より気持ちがこもった。
この曲に限らず内田さんは歌詞を解釈し、自分の中に落とし込む能力が高いとのこと。

カレイドスコープロンド
これも内田さんの「はいこれ私歌いたいでーす!」で決まりw
かなり個性の強い曲調のため、スタッフ側はコンペ段階ではピンと来てなかった模様。
川崎さん曰く、「What you want!を歌ったアルバムでこれを歌える内田さんの技量はすごい」。

Blue Flower
書き下ろし曲3。
聴いての通りピンク・マゼンダ、Daydreamの系譜。
それらを汲みながら全く新しい曲が欲しいという難題に応えてくれた。
アルバムを作り始める前に内田さんから「物凄く悲しい曲をやりたい」という話があり、
この曲の製作段階で、"じゃあこの曲をそうしよう"ということになった。

Frozen
書き下ろし4。
アップルミントから内田さんの楽曲の中心に在る持田さんの曲は必須ともいえる。
アップルミントを春、Blooming!を夏、SUMILE SMILEを秋とするならこの曲は冬の華の曲。

Earnest wish
内田さん本人としては壮大すぎて歌うのを躊躇った曲。
スタッフにこれくらい大きく行っていいのではという後押しで収録が決定したらしい。

SUMILE SMILE
前述した通りアップルミントはかなりプレッシャーをかけて作ってもらった曲だが、
それをさらに超えるよう依頼した曲。
「"神曲"じゃ収まらないほどの名曲を作るよう依頼したアップルミント」を超えろという無茶ぶりw

Ordinary
6月のライブを見た作詞の金子さんが、
喉の故障から復帰した内田さんにお帰りを言うファンと、
ただいまを言う内田さんの繋がりを感じて書いた曲。
去年の思うように声が出ない悩みやファンからの期待によるプレッシャーによる重みと、
今のそれから解放されて絶好調に歌えている喜びを表現している。
当たり前が当たり前でなくなった時、今こうして歌ってもらえていることが月並みだが奇跡のようだと感じたとのこと。
また、歌詞が出来上がる前とは編曲が全く異なっており、
作編曲の金崎さんが金子さんの歌詞を受けてそれに合うように再編曲している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント