FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せと小旅行の話

ブックレット、めっちゃ良い紙使って貰ってますね。
手に取った時、複数ページあるのかと思った。
厚手の良い紙だ。
お金かけて貰えてる。
とても良い。

個人心情としては「売れようが売れまいが良い曲は良い曲」っていうのがあるので何枚売れようが構わないけど、
これからも内田さんの曲を聴き続けていたいから、期待に応じられる程度の枚数は出るといいなぁ。
と、毎回思うわけです。
お金かかってる感じがすると余計にね。
プラスアルファで現在、緒方さんに自慢できるっていうのも地味に緊張と期待しちゃうところだよね。
来週?再来週?には数字出るもんね、番組で。

さてまぁ、本題行きましょうか。
ベースの良い曲はやっぱ神なんですよね。
今回のSo Happyは「Close to you」の収録でベースを弾いてくれていた小松さんが作ってくれたわけだけど。
ジャズとポップの融合みたいなサウンドは軽快でありながらゆったりと流れて、
リラックスもスキップも出来る、どんな休日にも、どんな幸せにもマッチする気分を感じられる。
アコースティックライブで聴きたい一曲がまた増えた。
間奏のベースラインで絶対黒須さんと一緒に気持ちよくなれる。
その間奏の後の落ちサビはクラップしたい気分がありますね。
会場がその気持ちを共有してくれるかは分からないけれど。
誰もしてくれなかったら音が出ない程度に手を合わせようかな。
力を抜いた歌唱ながら、彼女の得意なハイトーンはきちんと抑えて爽やかな快感をくれるのもポイント高い。
勝手な直感だけど、なんか地味にサビでワイパーさせてきそうな予感がある。
ハイテンポな曲ではないけどワイパーするには結構早いテンポだから、
リラックス曲なのに疲れた……って感じになったらウケるな。

Sweet Little Journeyの話も。
焦っている雰囲気すら感じるほどハイテンポに走り抜けていく曲。
そんなに急いでどこへ向かうのかなと聴いていくと、思い出を遠ざけるためにひた走っていることが分かる。
「なんて、今のは嘘です」っていうのが象徴的。
無意識にネガティブに考えてしまった焦りを、誤魔化して無理やり前を向く。
油断すると悲しみに暮れてしまいそうだから、そう口にすることで、憂鬱を嘘に変えてしまいたい。
軽快なフリをして、楽し気なフリをして。
意識して口角をあげていたのが、いつか自然になるように。
今はそれが嘘でもいつか本当になるように。
そんなことを祈りながら涙が零れないように走り続ける。
でもいつまでも走ることは出来なくて。
疲れて立ち止まってしまって。
Sweet Tears Fallin'、その時に"スミレ"色の空に打ちあがった花火。
それを見たら自然に"笑顔"が零れて。
悲しみは消えないままでも、今度は無理やりじゃなく前を向くことが出来て。
また旅を続けられるようになった歌。
ポップな曲に、切なさを散りばめて歌う内田さんの表現力を楽しめる逸品。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。