FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぜんうちだあやのはなしじゃない

まぁたまにはね。
アンテアニメ化して内田さん声優になったら先取りになるのでは?(???)
ただあの人に出来そうな主要キャラがあまりいないのが問題ですね。(???????)

さてまぁ、UndertaleのいわゆるPルートエンディングのネタバレ話を追記に入れたので、
それでもいいよって人は読んでくれてもいいんじゃないかな。
ってわけでまずNルートの通称「Family」に行きつきました。
終わった後にちょっとwikiったんですけどこれ、一周目にしては最高のエンディングらしいですね。
全然攻略とかは見ずに気ままにやってたからちょっとびっくり。
条件見てみたら、あれですね。
パピルスは戦った後どこいったんかなーってスノーディンに戻ったら普通に居て速攻デートしちゃったんですよね。

で、アンダインはアズゴア戦の前にバビコ買い占めようとしたら金足りなくて、
このゲーム、ボス倒すとそこの雑魚殆ど?全く?出てこなくなるし、
売りつけも出来ないから金どうすんの……手持ちのアイテムで頑張るしかないん?
いやしんどすぎると思って資金稼ぎだけちょっと調べたら、
テミーだけは買ってくれるってことでオッケーオッケーってウォーターフェル戻ったんだけど
(テミーの村自体は進行中に自力で辿り着いてた)、
キノコランプで道照らす場所どうやって行くのか普通に忘れててウォーターフェルグルグル回ってたら、
アンダイン居て「あー、ここアンダインの家だったんかー」と思いつつ何してんねんって話しかけたらデートになったんですよね。

不殺も条件だったみたいだけど、
序盤によくわかんなくて1匹くらい殺したような気がしないでもないんだけど……まぁいいのかな。
記憶違い?
殆ど不殺だったのは確かだけどね。
それは別に俺が優しいとか殺しに抵抗があるとかじゃなく、
与えられた条件をクリアせずに突破してもそれは"試合に勝って勝負に負けた"みたいな気分になる性分からでしたね。
「逃がせるという方法があるのに考えずに殺してしまう」っていうのは、甘えというか、邪道みたいな気持ち。
思考停止で殴ったら負けみたいなそういうのがあって不殺してました。
殺しちゃってやり直しをしたのはトリエル戦だけかなぁ。
あれはデフォでHPが一定以下になると大ダメージ出るように設定されてたことにびっくりしてゲーム落としちゃったって感じだったけど。
それ以外はトリエル戦以外も含めて、いろいろ試していた結果こっちが死ぬことはたくさんあったけど、
相手を殺してしまったことを理由にゲーム落としたことはなかった。
別に不殺を狙ってたわけでもなかったからね。
そもそも「たたかう」コマンド自体、アズゴア戦まで封印してたように思う。
その時も話しかけ続けて「『たたかう』しかない」ってセリフが数回出るまで粘ったなw

フォトショップ・フラウィ(後で名前知った)はなかなかにホラーだったね。
ゲーム自体落としてくるのウザいのなんのってね。
でも毎回わかりやすく変化をくれるのは優しさを感じた。
もっと、何回やっても反応すら一緒だと諦めたくなるけど、
ちゃんと毎回セリフとか変わってくれるのは分かりやすくて優しかった。
ラストはあんまり惨めで哀れだったし、
まぁここまでだいたい不殺だった意識はあったので、
ここで殺すことでフラグ破綻とかも嫌だなって気持ちもあって見逃してあげましたね。
結果それは正しかったと言えるわけだけど。
情報をくれるという利害も、本来の姿を知ったあとの倫理的心情としても。

まぁそんなわけであとから調べて分かったけど、最もPルートに近かったみたいで、
再起動したときにフラウィから教わった通りアルフィとデートして、
流れでトゥルーラボ行ってもう真エンドだったから辿り着くまではちょっと拍子抜けしてしまったw
もっと、最初から不殺してやり直さないとそういうのは無理だと思ってたから。
ゆって全てが終わった後、世界中殆どのモンスターのセリフが変わってたからそれ見に行ってたら時間自体は結構かかったけどね。

ちゃんとアマルガムたちのおぞましさに震えたし、
「えっけんしつ」に入った後の展開はじんわり泣けたよ。
アズリエル、ね……。
みんな幸せになりたいだけなのに、生きることはこんなにも難しい。
誰も悪くなんてない。
でもありのままに向き合えない。
そんな悲しみの果てに灯る光を見た。
フォトショップ・フラウィのおぞましさを見た後に気高く進化していくアズリエルを見ると、
本当に強いということはどういうことなのかを見た気がしたよ。


んで、だ。
流石に俺もルートがいくつあるのかとかを手探りで探すほど根気よくないから
他にどんなルートがあるのか、調べてみたけどね。

まぁあるよねぇ。
全殺エンド。
ジェノサイド・ルート。
殺さなくてもいいということは、殺してもいいということだ。
予想は出来た。
しかもなんかwiki曰く、Pルートを見た後にやった方がいいとのことで。
丁度いいじゃないですか。
いやー、しかしこのエンディングを見た後に、それをさせようっていうんだね。
あれですね。
「ああ分かったよ!連れてってやるよ!どうせ後戻りは出来ねえんだ……。連れてきゃいいんだろ!途中にどんな地獄が待っていようと……お前を、お前らを、俺が連れてってやるよ!!」
って気分ですね。
ま、見ないって言う選択肢も確かにあるよね。
あのフラウィですらリセットしないでくれって懇願してきたくらいだしね。

でもなー。
用意されてるんだよなぁ。
そこに行きつかなきゃ分からない真実があるんだよなぁ。
あれですね。
フラウィは「キミにはリセットのチカラがある」みたいなことを述べてたけど、
その選択肢を用意している作者も大概だからな?と言いたい。

まぁいいでしょう。
精神もともかくクソ面倒くさいみたいだけどやってみましょうか。
果てさてどんな終わりがそこにあるのかしらね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。