FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ旅行が始まった

ド頭からSo Happy来るのは予想外で驚いた。
テーマにした曲は後ろに持ってきて纏めると勝手な思い込みをしていたので。
生バン+ダンスのSo Happyの良さ感じ取り切れてないから次また見たい。
踊るのがサビだけっていうのもこの曲の気軽さとあってていいよね。

緩やかに始まったライブを、丁度一段階くらいギアチェンジするHoliday
会場はクラップを刻み、間奏のコーレスは「So happy?」「Yeah!」に。
クラップ楽しかった。
今回は穴がないから落ちる心配もなく、楽しいままに終わるw

ここで来るのかアップルミント
いや、今ギア2速に入れたところなんだけどフルスロットルかますの!?
となったけど、流れる音には抗えない、抗わない。
この歌は必殺技、確実に盛り上げることが出来る曲なのに、
もう最近は毎回序盤に使い切っていけるの本当にいいよね。

ここで内田さんが言うにはぐんまちゃんが見に来ているとのこと?
でも見当たらないので探しに行くことに。

群馬公演には来るかな?と思ってはいたけど初日から来てくれるの?
と思っていたらそのまま泣きべそパンダを、
大量に歌詞を変えながら歌う内田さん。
言わば「泣きべそぐんまちゃんはどこへ行った?」のようになっていた。
パペットも、今回はパンダでなくぐんまちゃんパペットをふにふにと動かしていて愛らしく。

近くにはいないから自転車に乗って探そうとペガサス号
この辺りのテーマ性、ストーリー性を付ける形式は内田さんが大好きなソレ。
いつも櫻田さんのキーボードが気持ちいい。

どこを探しても見当たらないなら海へとGo! My Cruising!
ぐんまちゃんって海を渡るのか?と思いつつ細かいことは気にしない。
イヤモニずっと探してたからそのせいか歌唱結構飛んでたけど、
殆どコーレスのところだけだったのは俺らを頼ってたのかなぁ。
単に歌えなかっただけなのかもだけれど。

バレンタインライブで初めて歌われなかったMerry Go復活。
やっぱり楽しいねぇと堪能していたら、最後に新演出。
最後のサビでバンドが引き、内田さんのボーカルのみが残った。
一瞬でメドレー的に移行するとか、ぐんまちゃんが登場するとか、
何かライブ演出が食い込むのかなと思ったら楽曲としての演出だった。
凄く良かったからもう一回ちゃんと聞きたいなぁ。
ライブハウスではやらないかもだけど、群馬ではやってくれそうで楽しみ。

そこからのピンク・マゼンダ
ここに余計な手は加えない。
ただただ綺麗に。
ただただ気持ちよく。
生ドラムのビートと、鍵盤の気持ちよさはもはや別の曲でありつつ、
それでいて元の美しさは決して忘れない。
ボーカルは1サビまでは優しく、最後は爽やかに吹き抜ける。
ふわりとゆっくり溶けるエコー混じりの声に自分も溶け落ちそうになる。

MCを挟んでClose to youへ。
無茶苦茶しても許してくれるファンが好きで、
そんなファンに向けた歌だって言ってくれてたはず。
ここのMCの時、なんか会場の半分くらいが座って、
立つか座るかみたいになって結局立つことになったけど、
オルスタじゃ選択肢ないし座って聞いてみたかった気持ち少しあった。

生だとジャズみマシマシでイントロのドラムにベースが食い込むのがホントにエモい。
「uh... close to you...」のコーラス歌いたい気もあるけど、
ヲタクの合唱になるのも演出違いかなぁとなってる。
この後の衣装替えでハケる繋ぎにアウトロを伸ばしていたけど、
バンドの質が良いからアウトロをリピートして伸ばすそれだけでカッコいいんだよなぁ。

さらっと去って再登場すると赤チェック衣装の内田さん。
パステルからポップな雰囲気になり、曲もポップなWhat you want!
バレンタインの時は成立したけど、今回は「oh! oh, oh!」「yeaa ah!」のコーレス、
今回はあんまり起こらなかったかな?俺の周りだけかもだけど。
まぁ俺が歌っても許されればそれでいいんだけどね。

そこからのwith youでは「Monday! Tuesday!」「ばいばい!じゃあね!」
Yellow Sweetは「the Yellow Sweet Rain raps me!」
と、コーレスたっぷりなEDMが続いていく。
Floating Heartは切っても、with youは入れてくるんだなぁ。
FHはラブソングの究極みたいな曲だけど、
ちょっとツンデレテイストなwith youの方が内田さんらしいよね。

そしてここで来るのがカレイドスコープロンド
初の生バンド!
一気にロック感が増して、また新たな魅力が見えた。
内田さん、今回はひとりだからか踊るときちょっと照れてたよねw

次に続きLike a Birdでもカッコつけきれてなくて、
まーだ慣れないんかい!と愛らしくなってしまう。
幕張の時は気付かなかったけど、
もしかしたらダンサーが一緒に踊る効果は演出以上に、
内田さんが照れずに踊りきれるという部分もあるのか……?
まぁ、キメキメじゃなくても別の魅力が出るから必須というわけでもないんだけど。

キリステロはねー。
もうどうもこうもないよね。
拳突き上げて叫んで、頭振って。
叫ぶタイミングを不安にならずに楽しむのに全力が尽くせるほど、
好きになれた聞き込めた曲の楽しさって筆舌し難い。
また黒須さんラストサビで飛んでてエモくなった。

続くBlooming!辺りで軽く飛びそうというか、ふわふわしてきてたんだけど、
振り返ってみるとカレスコロンドからずっと高まり続けてるんだから当たり前だよな。
この曲はもう、エンディングの始まりを告げるというか、
後半戦のスタートをつかさどるというか、
そういう曲としての立ち位置を確立しつつある感じがあるなぁ。

SUMILE SMILEはなんかどうも泣いちゃうんだよなぁ。
別に、喉壊してる間のことを思ってとかじゃないんだけどなぁ。
なんかそういう、"文脈在りき"みたいな、補助が必要な涙じゃなく、
単純に曲の良さで泣いてしまうんだよな……。
多分別に内田さんに不調な時期がなくても泣いてた。

本編ラストはSweet Little Journey
あんまり内田さんは先出しをしないからBright Wayも歌わないかなーと思っていたので、
それもあってアンコールまでお預けかと思いきや、ここで切ってきた。
高まった気持ちはそのままに爽やかに。
単純ではあったけど照明演出いろいろ凝ってたよね。
そういうホールでしか出来ない装飾も楽しいよね。


Bright Wayは全然聞かずに初めて聴いたんだけど、
思ってたよりビートが利いてていいじゃんってなった。
でも帰ってから音源を軽く聴くと、ライブよりも鍵盤強めのポップなんだなぁとなった。
ロック好き的にはライブで聴く方がカッコ良かったなぁ。
でも楽器が引くタイミングのリズムとかちゃんと覚えてがっつり乗りたい気持ちが強い。
群馬公演でそれが出来るくらい、発売したら聞き込みたいなぁ。

Breezin'はもうバンドも内田さんも慣れてるし、最近は本当に好き放題で見てて楽しい。
勝手にセンター陣取って弾く黒須さんも好きだし、鈴木さんのギター勝手に触るタカゴーさんも好き。
「SUK」のK、また逆だったよね。いつか成功するのだろうかw

これから定番になっていきそうなSay Goodbye, Say Hello締め。
「Say!」「Goodbye!」「Say!」「Hello!!」がコーレスとして成立して楽しかったなぁ。
明るく、楽しく、ノリよく締められる一曲としていいカードを持てて良かった。
今回はまたHelloと言える日が近くに決まっていて実感を伴えたのも大きかった。


と、いうことで。
終わってみれば初の全編生バンド構成。
特にカレイドスコープロンドは幕張でやらなかったし敢えてかと思ってたから、
イントロが来た時びっくりと感動が同時に来たなぁ。

今回地味に変わったのが、自分でナレーションしてたことだよね。
昔は声優内田彩もよろしくお願いしますとかも言わなかったし、
がっっつり線引き敷いてたけど、少しずつ垣根を越えている感がある。
タイアップが決まったこともあるだろうけれど、それは卵と鶏どちらが先かみたいな話で、
受け入れられるようになったからタイアップも素直に喜べているともいえるし。

内田さんは今後どうなって行くのかなぁ。
まぁ群馬公演終わる頃には見えてくるだろうから、
とりあえず目先を楽しんでいこうな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。