FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリイベを踏まえての雑談

リリイベでライブする内田さんはいつも全然本気出さないし出せないところあるよね。
ちゃんと作りこまないと本気出せないみたいな。
ヲタクなのでそういう気の抜けたところ見るのも楽しい。
貴重な機会。
気の抜けたと言っても、フリーライブだと緊張はむしろ他よりしているんだけど。
緊張を振り払うほど気合を入れていない、入れられないというか。
だからこそ緊張しているのかもしれないけれど。
ファンだけの空間のリリイベライブだと全然余裕だから、ファンじゃない人の目が怖いんやろな。
まぁ当然やな。

内田さんがもしタイアップをして、その時その作品に役を持っていたらどうなるんだろうということは前々から考えていたけれど。
そのタイアップ先が群馬だとここまでこうなるのかとつくづく。
内田さんってそもそも「作品を作りこむこと」に情熱を注ぐのが好きなタイプではあるんですよね。
ただそれはその作品を客観的に見た上でそれを魅力的にするにはっていう視点でいつもやってるから、
ソロ活動では自分というフィルターが情熱を塞き止めていたわけだけれど。

武道館を終えたころ?SUMILE SMILEを出し終えたくらい?
まぁ凡そそのくらいからだんだんと自分が歌うことを受け入れることが出来るようになって。
フィルターの網目が少しずつ荒くなってきて、ソロ活動にも情熱を注げるようになってきて。
その様子が伺いしれ始めたのがICECREAM GIRLなわけだけど、
それを踏まえてのSo Happy。
と、いうよりも「おまグン」とのタイアップって点だよね。
大好きな群馬やぐんまちゃんという口述が出来ることで、より簡易に客観視出来るようになっていて、
PVの作り込みめっちゃ頑張ったらしいからね。

本当はラスト数秒出るだけの予定だったぐんまちゃんを、
内田さんのワガママでサビの頭に出られるように考えて貰って
家の中って世界は壊さないように映すにはってことで結果ああなって、
それもサビのここでって秒単位でカメラの回転を調整してもらったって言ってたからね。
過去1で内田さん本人がPVの作りにこだわったモノになってる。

サビの頭にぐんまちゃんを映すことで内田さんを知らない、まだ興味ない人にも興味を持ってもらえるきっかけになるようにっていう思いで懇願したみたいだけど。
その「おまグン」タイアップの時くらいしかぐんまちゃんを呼ぶ口述がない、
だから何が何でも呼びたいっていう我欲と、
一定のマーケティング効果があるってところが噛み合っててすごく都合がいいよね。

初回盤の裏ジャケにぐんまちゃんがいるのも同様の理由で、
最初は内田さんだけの写真だったけどこれも内田さんが頼んで、
何気に手に取った時「あ、ぐんまちゃんだ」って少しでも心に引っかかってほしいからってことでこの写真を使ったらしいねぇ。

そんでここまで書いてて思うのは、スタッフにちゃんと愛されているなと。
内田さんその気になればワガママ結構言えるタイプではあるけど、
それを可能な限りちゃんと通してくれて、
内田さんの良いように、やる気の矛先のままにさせてくれている。
まぁもうなんなら「ロックでならデビューしてもいい」って最初のワガママから叶えてくれてはいたわけだけれど。
声優業第一優先ってこともちゃんと分かっていらっしゃるし。

ビジュアル的な話ばかりだし曲自体の話も。
楽曲の聴きどころの話してるところ、ラジオとかも含めて何回か聞いてるけど、
「リラックス」って単語を教えてあげたくなるw
歌う前は初披露かつ慣れない舞台で緊張するとか言いながら、
歌い終えると鼻歌気分で歌えちゃうって言ってたな。
客席ゆっくり眺めながら歌える曲があるのはコミュニケーション的にも良いよねー。
言われてみればゴンドラに乗るような曲調かもしれん。

しかしラストのサビ群はホントは内田さんにカッコ内を歌ってほしいと思ってしまうなー。
まぁあそこはオケのままやろうけど。
バンドが入った時にどんな雰囲気になるのかまだ全然未知数だしな~~。
内田さんの動きも、俺らの感情とそれに応ずる反応も。
そういうのがライブの楽しみでもあるよね。
生もの感。

今日のYellow Sweetは会場の都合上で「the Yellow Sweet Rain wraps ~」が歌えなかったのが凄く妙な気分だった。
Close to youをオケで聴いたの久々だったからなんだか本来を聴いた気がしましたね。
後ろに「Live ver.」とか付けないというか。
どっちもいいんだけど、「こっち久々に聴くな」みたいな、そういう。

そういや今日は珍しく歌手活動のイベントで声優業の宣伝してたね。
なんか、心境の変化でもあったんかな。
やっぱそこもタイアップなんかな。

ま、何はともあれ。
内田さんのソロ活動が末永く続くようにと思いつつ。
それを素直に祈れるようになったこともまた嬉しみ。
今は内田さんにとって「楽しいこと」になったから、こうして祈れる。
いくら俺が聴きたくても苦痛なことをさせ続けたくはないからねぇ。

ソロを楽しめるようになった内田さんのツアーが始まるね。
楽しみだね。
スポンサーサイト

幸せと小旅行の話

ブックレット、めっちゃ良い紙使って貰ってますね。
手に取った時、複数ページあるのかと思った。
厚手の良い紙だ。
お金かけて貰えてる。
とても良い。

個人心情としては「売れようが売れまいが良い曲は良い曲」っていうのがあるので何枚売れようが構わないけど、
これからも内田さんの曲を聴き続けていたいから、期待に応じられる程度の枚数は出るといいなぁ。
と、毎回思うわけです。
お金かかってる感じがすると余計にね。
プラスアルファで現在、緒方さんに自慢できるっていうのも地味に緊張と期待しちゃうところだよね。
来週?再来週?には数字出るもんね、番組で。

さてまぁ、本題行きましょうか。
ベースの良い曲はやっぱ神なんですよね。
今回のSo Happyは「Close to you」の収録でベースを弾いてくれていた小松さんが作ってくれたわけだけど。
ジャズとポップの融合みたいなサウンドは軽快でありながらゆったりと流れて、
リラックスもスキップも出来る、どんな休日にも、どんな幸せにもマッチする気分を感じられる。
アコースティックライブで聴きたい一曲がまた増えた。
間奏のベースラインで絶対黒須さんと一緒に気持ちよくなれる。
その間奏の後の落ちサビはクラップしたい気分がありますね。
会場がその気持ちを共有してくれるかは分からないけれど。
誰もしてくれなかったら音が出ない程度に手を合わせようかな。
力を抜いた歌唱ながら、彼女の得意なハイトーンはきちんと抑えて爽やかな快感をくれるのもポイント高い。
勝手な直感だけど、なんか地味にサビでワイパーさせてきそうな予感がある。
ハイテンポな曲ではないけどワイパーするには結構早いテンポだから、
リラックス曲なのに疲れた……って感じになったらウケるな。

Sweet Little Journeyの話も。
焦っている雰囲気すら感じるほどハイテンポに走り抜けていく曲。
そんなに急いでどこへ向かうのかなと聴いていくと、思い出を遠ざけるためにひた走っていることが分かる。
「なんて、今のは嘘です」っていうのが象徴的。
無意識にネガティブに考えてしまった焦りを、誤魔化して無理やり前を向く。
油断すると悲しみに暮れてしまいそうだから、そう口にすることで、憂鬱を嘘に変えてしまいたい。
軽快なフリをして、楽し気なフリをして。
意識して口角をあげていたのが、いつか自然になるように。
今はそれが嘘でもいつか本当になるように。
そんなことを祈りながら涙が零れないように走り続ける。
でもいつまでも走ることは出来なくて。
疲れて立ち止まってしまって。
Sweet Tears Fallin'、その時に"スミレ"色の空に打ちあがった花火。
それを見たら自然に"笑顔"が零れて。
悲しみは消えないままでも、今度は無理やりじゃなく前を向くことが出来て。
また旅を続けられるようになった歌。
ポップな曲に、切なさを散りばめて歌う内田さんの表現力を楽しめる逸品。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。