Early Summer Party!

はー、物販しんどかった。
「内田彩の物販はいつも酷いでしょ」分かるけどね。
武道館の時はキャパ8000人だからまぁ多少はね?と思ってたけど、まさかキャパ2500未満で同じだけかかるとはね。
ナメてたよね。
8時半から並んで5時間半かかって開場に間に合わないとは思わないよね。
いや、俺は入場順1000番代だったからそういう意味では間に合ったけど、……ギリギリすぎだよね。
まぁもうコロムビアにはメールしといたし、幕張ではせめてタブレットの導入くらいしてくれるといいね……。
あと下請け変えろ。
今回のパンフは水色背景のが好きでした。


今回のチケットは1000と1800とかだったから普通に後ろやなと思ってたけど、実際蓋開けたら最後尾にすらいけなくて草生えた。
まぁスタジオコースト、アリーナの段差がひとつしかないから1段目後方に行くよりは高くなってるところの前方行った方が見えるし楽だもんな。
てなわけで内田さんの姿は殆ど見てないですね。
でも会場音良かったんで、いっそ目をつぶって聞き入ったりして楽しかったな。
視覚情報止めて耳に集中すると結構聞こえ方違うものなんよね。
目はめちゃめちゃ情報量多い分脳にだいぶ負荷かけるもんね。

さてさて一曲目何来るかなと思ってたらLet it shineは意外だったかな。
あとアップルミントを真ん中に持ってくるっていうのも印象変わって面白かった。

ツイッターでは「アップルミントの歌詞を全然変えてなかった」って言ったけど、
Blooming!もペガサス号も全体的に歌詞のまま歌ってたよね。
それは久々で緊張していたのか、それとも音楽活動の再開に合わせて「ちゃんとしたもの」を歌いたかったのか。
それは内田さんにしか分からないけど、きっとそこには意味があったんだろうな。

話題のアコースティックアレンジ版のお話もしておきましょうか。
改めてオレンジを聞いて見ると結構ポップだと思わない?
それに電子音まみれで構成されてる。
これを、テンポ落としてアコギのみにすると全然違う曲になるよなぁとしみじみ。
本来は逆のはずなのに、その後に演奏されたハルカカナタ(アコギアレンジ)の方が縦乗り感あったよね。

しかし、内田さんの声がよく引き立ってて凄く痺れたな。
喉の復活が明確になってた。
それと多分、あれが出来たのって多少なりとも自分の歌に自信がないと難しいと思うのよね。
自分の歌と、それを引き立てるための楽器が調味料程度にあるだけ。
ダンスをするわけでもなく、歌だけを聴かせる。
それって自信の表れだと思うのよね。
緊張したとは言っていたけれど、その企画をやろうという気持ちになった時点できっと無意識下で昔より自信がついているんじゃないかな、なんて思った。

ただ、相変わらず歌詞がアヤフヤだから「聴かせ」をするならそこは頑張って!とも思ったなw
もちろん「まったくそういうところも可愛いんだから」ってボクは許せちゃうけれど、それはファンの甘やかしでしかないからね。
カッコよくキメるためにはそこはしっかりしないと締まらないからね。
ポップにノリノリなときは勢いで行っちゃっていいと思うんだけどさ。
あとは十二分に上手いんだけれど、欲を出せば音程ももっと安定出来るハズ。
まぁそこは歌いこんでいけば自然と上手くなるだろうけれどね。
なーんて声優にどこまで期待してるんだかって感じだけれど。
でもなんとなく、「声優が歌っている」から、「声優であり、歌手である」に本当の意味でなれるんじゃないかという風にきっと俺が自分の無意識の中で期待してしまったんだと思うな。

あ、そうそう。
個人的意見だけどああいう風に音数少ないときはサイリウムの色変えのカチカチ音すらよく響くし、いっそ電源切っちゃったほうがいいかもね。
あとあと、内田さんはアコースティックライブもいつか出来たらいいなと言ってたね。
それならもういっそアコースティックアレンジアルバムも出して欲しいくらいやな。

そんでもって昼の部後半戦。
全体を通して、ビターロックな曲はなかったね。
バンドを入れての公演だったけどポップロックが中心だった。
明るく復活したよ~~~ってことだったんかしらね。
まぁともかく楽しく楽しくで最後まで付きぬけて。

SUMILE SMILE初バンド演奏はどんな感じになるのかな、と思ってたけど。
「Smile for you, Smile for me, Smile for you, SUMILE SMILE」
のコールはオケからボーカルが抜いてあったんだけど、自然俺らが入れる空気になってたかな。
それが要因なのか、自分でも分かってないかもしれないけれど、内田さん結構感極まってたっぽくて輪をかけて歌詞とかぐちゃぐちゃだったなw
喜んでくれたのは嬉しいけれど、またちゃんとしたSUMILE SMILEが聴ける日を楽しみにしていますw
最も、全体として凄く良かったんだけどさ。



夜の部の話も少しだけ。
被る要素は省くとして。
昼の部はバンドが入っていたからアコギソロは分かるんだけど、夜の部でキーボード出てきたときは一周回ってサプライズだったな。
夜の部はどういう構成になるんだろうと思っていたら、櫻田さんにそこだけ出ていただくとは。

なんでそういう新たな試みをやったかっていうと、武道館の後これだから規模が小さくなってしまうので、
なんかしらサプライズを与えて来て良かったと思って欲しかったみたいね。

キーボードアレンジ終えたあと、フリートークで「また新たなこの曲たちの魅力が引き出せたんじゃないかなと思います」みたいなこと言っていて、無意識から出た言葉だろうけれどだからこそ、
"新しいアレンジで歌えて楽しかったです"とかじゃなくそういう言葉が出てくるのってやっぱり音楽に対するアプローチもキャラクターに対するソレと同じで、「その子の良さを引き出してあげたい」って根底は同じなんだなとしみじみした。
自分が主体じゃなく、キャラクターが、音楽が主なんだよね、きっと。
それはもう内田彩の性分なんだろうなぁ。

後半でLike a BirdとRuby eclipseが来たのもちょっとしたサプライズだったな。
ちゃんとしたライブイベントでこの二曲をバンド無し、カラオケで歌ったの、初めてじゃない?
しかもDaydreamの後フリートーク無しでぶっこんできたから物凄い触れ幅だったよねw
その後はwith youからEverlasting Paradeと同系曲。
EPの方も初披露に近かったけど、こっちはちゃんと歌ってたかなw
「Ever Everlasting Parade!」のParade!のところでの2クラップするのやっぱ楽しい。
間奏では内田さんもそれをするよう煽ってたね。
アウトロでは「wow wow wo wow!」も煽ってた。
みんなで楽しくって感じの曲になっていきそうやね。

〆はSweet Dreamerだったか。
Sweet Tearsのコンセプトライブの時もこれを〆にしていたから、「おやすみ」感のあるこれを最後に持ってくる構成が気に入ってるのかもね。


最後にはICECREAM GIRLと次回ライブの告知もあって。
3ヶ月後かぁ。
逐次情報も公開されていくだろうし楽しみやね。
というかなんというか、内田さんの音楽活動が単純に続くというところで終わらず、これからも成長していくんだということが分かって期待値マシマシになってるかもしれない。

そもそも内田さん武道館公演で一回ある程度満足しちゃった(けどSUMILE SMILEを録ってやってて良かったと思うことが多かったと感じたから続けることにした)って言ってたし、今回のライブは内田さんが音楽を楽しいと思えていなかったらやってなかったと思うのよね。
音楽活動再開してなかったんじゃないかなと思うわけ。
だから今、内田さんが音楽を楽しいと思えていて本当に良かったよなと思う。

次のアルバムは初めて草花のイメージから離れたことも何か変化の兆しを感じるし、どういうものになるやら。
あくまでもアルバムだからまた2曲目以降がどういう構成になっているかは全く読めないし、本当に楽しみやな。
スポンサーサイト