声優はお仕事

なんかやっぱ、事務所に対して「仕事させすぎ」ってキレるヲタクにちょっと違和感があるんだけどその要因ってなんなんだろうとずっと考えていたんだよね。
そんで思ったのが、ボクらファンはファンだから内田彩という人間に価値を重く置きすぎているってことな。
ま、それはそれでファンとしての姿勢としては正しいのかもだけどさ。

っつーのも、仕事ってさ、頂くものなんだよ。
事務所がさせるものじゃない。
この声優飽和期の今、土下座して泣き喚いたって声優業させてもらえない人はさせてもらえない。
そんな中、喉を壊してまともに声も出ない……これって声優業においてはマトモに仕事がままならない状態の人ってことになるじゃないですか。
アニメの運営側はそんな人に依頼してくださってるわけですよ。
所属事務所は依頼してくださる人を探しだしてきてくださってるわけですよ。
そんなにありがたいことはないじゃないですか。
「それでも」っていってくださってるわけですよ。
他にいくらでも魅力的な声優さん腐るほどいるのに、それでも内田彩がいいんだって、内田彩どうですかって言ってくださってるんですよ。
そんなに嬉しいことはないじゃないですか。

音楽の方だってそうだよ。
声優アーティストいっぱいいるのに、まだアーティスト活動はしていなくても魅力的名声優さん他にいっぱいいるのに、内田彩の歌じゃなきゃダメなんだって、どうしても内田彩がいいんだっていってくださってるわけじゃないですか。
感謝こそすれど恨むことではないような気がしてるんですよね。
そんな状態の内田さんでも使ってくださるんですね、ありがとうございますだと思うんですよね。

それに、休ませるってそれは仕事に穴を開けることになるんですよね。
それは信用を失う要因にもなりかねないわけですよ。
将来のために喉を大切にする。
それは正しいけれど、将来のために仕事の信頼を掴んでおく。
これも正しいんじゃないかなって思うんですよね。
仮に休んだとしたら声優の仕事はかなり前から依頼するものらしいからオオゴトになってしまうだろうし。

音楽の仕事だけでもっていうのはよく言われていたけれど、時系列的に考えて会場は内田さんがファイナルライブで喉壊す前から抑えてたと思うんですよ。
そんで、会場抑えるのだけでもかなりの額と人間が動いていることは想像に易いじゃないですか。
それをドクターストップもかかっていないのに不意にするなんてことが出来ないのは会社として至極真っ当だと思いますし。

なんでこんなに運営側に肩入れしてるかってーとそもそもさ。
内田さん子供じゃないんだよね。
特殊ではあれど社会人なわけじゃん。
だから、体調管理はある程度自己責任だと思うんだよな。
仕事を持ってきてくださっているのに、それにきちんと応えることが出来ないって構図が本来なんじゃないかってさ。
そりゃラブライブ!で全力を尽くしたっていうのはエモいよ。
もちろんそれはボクも内田彩という人間をより好きになる要因でさえある。
でもそれは感情部分であって、ドライに見たら内田さんの体調管理が甘かったせいで会社に迷惑を掛けているっていう構図が正しいと思うんだよね。
まして、ラブライブ!の仕事は今の所属事務所にはあまり関係がないしね。
「ちょっとー困りますよ内田さん」なわけですよ。
本来はね。

まぁだからって内田さんがファイナルライブで日和見しちゃいけない内田さんには出来るはずもないことも確かであって。
それが分かってるから事務所側も強くは言ってないだろうし。
みんなも推しが悩んでいたことで鬱屈してやきもきする気持ちは分かるけれど、だからって反論しない相手を叩くのも違うんじゃないかなって。
ホントは別に誰も悪くないんじゃないかなって思った次第であります。

終わり。
スポンサーサイト