FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ旅行が始まった

ド頭からSo Happy来るのは予想外で驚いた。
テーマにした曲は後ろに持ってきて纏めると勝手な思い込みをしていたので。
生バン+ダンスのSo Happyの良さ感じ取り切れてないから次また見たい。
踊るのがサビだけっていうのもこの曲の気軽さとあってていいよね。

緩やかに始まったライブを、丁度一段階くらいギアチェンジするHoliday
会場はクラップを刻み、間奏のコーレスは「So happy?」「Yeah!」に。
クラップ楽しかった。
今回は穴がないから落ちる心配もなく、楽しいままに終わるw

ここで来るのかアップルミント
いや、今ギア2速に入れたところなんだけどフルスロットルかますの!?
となったけど、流れる音には抗えない、抗わない。
この歌は必殺技、確実に盛り上げることが出来る曲なのに、
もう最近は毎回序盤に使い切っていけるの本当にいいよね。

ここで内田さんが言うにはぐんまちゃんが見に来ているとのこと?
でも見当たらないので探しに行くことに。

群馬公演には来るかな?と思ってはいたけど初日から来てくれるの?
と思っていたらそのまま泣きべそパンダを、
大量に歌詞を変えながら歌う内田さん。
言わば「泣きべそぐんまちゃんはどこへ行った?」のようになっていた。
パペットも、今回はパンダでなくぐんまちゃんパペットをふにふにと動かしていて愛らしく。

近くにはいないから自転車に乗って探そうとペガサス号
この辺りのテーマ性、ストーリー性を付ける形式は内田さんが大好きなソレ。
いつも櫻田さんのキーボードが気持ちいい。

どこを探しても見当たらないなら海へとGo! My Cruising!
ぐんまちゃんって海を渡るのか?と思いつつ細かいことは気にしない。
イヤモニずっと探してたからそのせいか歌唱結構飛んでたけど、
殆どコーレスのところだけだったのは俺らを頼ってたのかなぁ。
単に歌えなかっただけなのかもだけれど。

バレンタインライブで初めて歌われなかったMerry Go復活。
やっぱり楽しいねぇと堪能していたら、最後に新演出。
最後のサビでバンドが引き、内田さんのボーカルのみが残った。
一瞬でメドレー的に移行するとか、ぐんまちゃんが登場するとか、
何かライブ演出が食い込むのかなと思ったら楽曲としての演出だった。
凄く良かったからもう一回ちゃんと聞きたいなぁ。
ライブハウスではやらないかもだけど、群馬ではやってくれそうで楽しみ。

そこからのピンク・マゼンダ
ここに余計な手は加えない。
ただただ綺麗に。
ただただ気持ちよく。
生ドラムのビートと、鍵盤の気持ちよさはもはや別の曲でありつつ、
それでいて元の美しさは決して忘れない。
ボーカルは1サビまでは優しく、最後は爽やかに吹き抜ける。
ふわりとゆっくり溶けるエコー混じりの声に自分も溶け落ちそうになる。

MCを挟んでClose to youへ。
無茶苦茶しても許してくれるファンが好きで、
そんなファンに向けた歌だって言ってくれてたはず。
ここのMCの時、なんか会場の半分くらいが座って、
立つか座るかみたいになって結局立つことになったけど、
オルスタじゃ選択肢ないし座って聞いてみたかった気持ち少しあった。

生だとジャズみマシマシでイントロのドラムにベースが食い込むのがホントにエモい。
「uh... close to you...」のコーラス歌いたい気もあるけど、
ヲタクの合唱になるのも演出違いかなぁとなってる。
この後の衣装替えでハケる繋ぎにアウトロを伸ばしていたけど、
バンドの質が良いからアウトロをリピートして伸ばすそれだけでカッコいいんだよなぁ。

さらっと去って再登場すると赤チェック衣装の内田さん。
パステルからポップな雰囲気になり、曲もポップなWhat you want!
バレンタインの時は成立したけど、今回は「oh! oh, oh!」「yeaa ah!」のコーレス、
今回はあんまり起こらなかったかな?俺の周りだけかもだけど。
まぁ俺が歌っても許されればそれでいいんだけどね。

そこからのwith youでは「Monday! Tuesday!」「ばいばい!じゃあね!」
Yellow Sweetは「the Yellow Sweet Rain raps me!」
と、コーレスたっぷりなEDMが続いていく。
Floating Heartは切っても、with youは入れてくるんだなぁ。
FHはラブソングの究極みたいな曲だけど、
ちょっとツンデレテイストなwith youの方が内田さんらしいよね。

そしてここで来るのがカレイドスコープロンド
初の生バンド!
一気にロック感が増して、また新たな魅力が見えた。
内田さん、今回はひとりだからか踊るときちょっと照れてたよねw

次に続きLike a Birdでもカッコつけきれてなくて、
まーだ慣れないんかい!と愛らしくなってしまう。
幕張の時は気付かなかったけど、
もしかしたらダンサーが一緒に踊る効果は演出以上に、
内田さんが照れずに踊りきれるという部分もあるのか……?
まぁ、キメキメじゃなくても別の魅力が出るから必須というわけでもないんだけど。

キリステロはねー。
もうどうもこうもないよね。
拳突き上げて叫んで、頭振って。
叫ぶタイミングを不安にならずに楽しむのに全力が尽くせるほど、
好きになれた聞き込めた曲の楽しさって筆舌し難い。
また黒須さんラストサビで飛んでてエモくなった。

続くBlooming!辺りで軽く飛びそうというか、ふわふわしてきてたんだけど、
振り返ってみるとカレスコロンドからずっと高まり続けてるんだから当たり前だよな。
この曲はもう、エンディングの始まりを告げるというか、
後半戦のスタートをつかさどるというか、
そういう曲としての立ち位置を確立しつつある感じがあるなぁ。

SUMILE SMILEはなんかどうも泣いちゃうんだよなぁ。
別に、喉壊してる間のことを思ってとかじゃないんだけどなぁ。
なんかそういう、"文脈在りき"みたいな、補助が必要な涙じゃなく、
単純に曲の良さで泣いてしまうんだよな……。
多分別に内田さんに不調な時期がなくても泣いてた。

本編ラストはSweet Little Journey
あんまり内田さんは先出しをしないからBright Wayも歌わないかなーと思っていたので、
それもあってアンコールまでお預けかと思いきや、ここで切ってきた。
高まった気持ちはそのままに爽やかに。
単純ではあったけど照明演出いろいろ凝ってたよね。
そういうホールでしか出来ない装飾も楽しいよね。


Bright Wayは全然聞かずに初めて聴いたんだけど、
思ってたよりビートが利いてていいじゃんってなった。
でも帰ってから音源を軽く聴くと、ライブよりも鍵盤強めのポップなんだなぁとなった。
ロック好き的にはライブで聴く方がカッコ良かったなぁ。
でも楽器が引くタイミングのリズムとかちゃんと覚えてがっつり乗りたい気持ちが強い。
群馬公演でそれが出来るくらい、発売したら聞き込みたいなぁ。

Breezin'はもうバンドも内田さんも慣れてるし、最近は本当に好き放題で見てて楽しい。
勝手にセンター陣取って弾く黒須さんも好きだし、鈴木さんのギター勝手に触るタカゴーさんも好き。
「SUK」のK、また逆だったよね。いつか成功するのだろうかw

これから定番になっていきそうなSay Goodbye, Say Hello締め。
「Say!」「Goodbye!」「Say!」「Hello!!」がコーレスとして成立して楽しかったなぁ。
明るく、楽しく、ノリよく締められる一曲としていいカードを持てて良かった。
今回はまたHelloと言える日が近くに決まっていて実感を伴えたのも大きかった。


と、いうことで。
終わってみれば初の全編生バンド構成。
特にカレイドスコープロンドは幕張でやらなかったし敢えてかと思ってたから、
イントロが来た時びっくりと感動が同時に来たなぁ。

今回地味に変わったのが、自分でナレーションしてたことだよね。
昔は声優内田彩もよろしくお願いしますとかも言わなかったし、
がっっつり線引き敷いてたけど、少しずつ垣根を越えている感がある。
タイアップが決まったこともあるだろうけれど、それは卵と鶏どちらが先かみたいな話で、
受け入れられるようになったからタイアップも素直に喜べているともいえるし。

内田さんは今後どうなって行くのかなぁ。
まぁ群馬公演終わる頃には見えてくるだろうから、
とりあえず目先を楽しんでいこうな。
スポンサーサイト

リリイベを踏まえての雑談

リリイベでライブする内田さんはいつも全然本気出さないし出せないところあるよね。
ちゃんと作りこまないと本気出せないみたいな。
ヲタクなのでそういう気の抜けたところ見るのも楽しい。
貴重な機会。
気の抜けたと言っても、フリーライブだと緊張はむしろ他よりしているんだけど。
緊張を振り払うほど気合を入れていない、入れられないというか。
だからこそ緊張しているのかもしれないけれど。
ファンだけの空間のリリイベライブだと全然余裕だから、ファンじゃない人の目が怖いんやろな。
まぁ当然やな。

内田さんがもしタイアップをして、その時その作品に役を持っていたらどうなるんだろうということは前々から考えていたけれど。
そのタイアップ先が群馬だとここまでこうなるのかとつくづく。
内田さんってそもそも「作品を作りこむこと」に情熱を注ぐのが好きなタイプではあるんですよね。
ただそれはその作品を客観的に見た上でそれを魅力的にするにはっていう視点でいつもやってるから、
ソロ活動では自分というフィルターが情熱を塞き止めていたわけだけれど。

武道館を終えたころ?SUMILE SMILEを出し終えたくらい?
まぁ凡そそのくらいからだんだんと自分が歌うことを受け入れることが出来るようになって。
フィルターの網目が少しずつ荒くなってきて、ソロ活動にも情熱を注げるようになってきて。
その様子が伺いしれ始めたのがICECREAM GIRLなわけだけど、
それを踏まえてのSo Happy。
と、いうよりも「おまグン」とのタイアップって点だよね。
大好きな群馬やぐんまちゃんという口述が出来ることで、より簡易に客観視出来るようになっていて、
PVの作り込みめっちゃ頑張ったらしいからね。

本当はラスト数秒出るだけの予定だったぐんまちゃんを、
内田さんのワガママでサビの頭に出られるように考えて貰って
家の中って世界は壊さないように映すにはってことで結果ああなって、
それもサビのここでって秒単位でカメラの回転を調整してもらったって言ってたからね。
過去1で内田さん本人がPVの作りにこだわったモノになってる。

サビの頭にぐんまちゃんを映すことで内田さんを知らない、まだ興味ない人にも興味を持ってもらえるきっかけになるようにっていう思いで懇願したみたいだけど。
その「おまグン」タイアップの時くらいしかぐんまちゃんを呼ぶ口述がない、
だから何が何でも呼びたいっていう我欲と、
一定のマーケティング効果があるってところが噛み合っててすごく都合がいいよね。

初回盤の裏ジャケにぐんまちゃんがいるのも同様の理由で、
最初は内田さんだけの写真だったけどこれも内田さんが頼んで、
何気に手に取った時「あ、ぐんまちゃんだ」って少しでも心に引っかかってほしいからってことでこの写真を使ったらしいねぇ。

そんでここまで書いてて思うのは、スタッフにちゃんと愛されているなと。
内田さんその気になればワガママ結構言えるタイプではあるけど、
それを可能な限りちゃんと通してくれて、
内田さんの良いように、やる気の矛先のままにさせてくれている。
まぁもうなんなら「ロックでならデビューしてもいい」って最初のワガママから叶えてくれてはいたわけだけれど。
声優業第一優先ってこともちゃんと分かっていらっしゃるし。

ビジュアル的な話ばかりだし曲自体の話も。
楽曲の聴きどころの話してるところ、ラジオとかも含めて何回か聞いてるけど、
「リラックス」って単語を教えてあげたくなるw
歌う前は初披露かつ慣れない舞台で緊張するとか言いながら、
歌い終えると鼻歌気分で歌えちゃうって言ってたな。
客席ゆっくり眺めながら歌える曲があるのはコミュニケーション的にも良いよねー。
言われてみればゴンドラに乗るような曲調かもしれん。

しかしラストのサビ群はホントは内田さんにカッコ内を歌ってほしいと思ってしまうなー。
まぁあそこはオケのままやろうけど。
バンドが入った時にどんな雰囲気になるのかまだ全然未知数だしな~~。
内田さんの動きも、俺らの感情とそれに応ずる反応も。
そういうのがライブの楽しみでもあるよね。
生もの感。

今日のYellow Sweetは会場の都合上で「the Yellow Sweet Rain wraps ~」が歌えなかったのが凄く妙な気分だった。
Close to youをオケで聴いたの久々だったからなんだか本来を聴いた気がしましたね。
後ろに「Live ver.」とか付けないというか。
どっちもいいんだけど、「こっち久々に聴くな」みたいな、そういう。

そういや今日は珍しく歌手活動のイベントで声優業の宣伝してたね。
なんか、心境の変化でもあったんかな。
やっぱそこもタイアップなんかな。

ま、何はともあれ。
内田さんのソロ活動が末永く続くようにと思いつつ。
それを素直に祈れるようになったこともまた嬉しみ。
今は内田さんにとって「楽しいこと」になったから、こうして祈れる。
いくら俺が聴きたくても苦痛なことをさせ続けたくはないからねぇ。

ソロを楽しめるようになった内田さんのツアーが始まるね。
楽しみだね。

幸せと小旅行の話

ブックレット、めっちゃ良い紙使って貰ってますね。
手に取った時、複数ページあるのかと思った。
厚手の良い紙だ。
お金かけて貰えてる。
とても良い。

個人心情としては「売れようが売れまいが良い曲は良い曲」っていうのがあるので何枚売れようが構わないけど、
これからも内田さんの曲を聴き続けていたいから、期待に応じられる程度の枚数は出るといいなぁ。
と、毎回思うわけです。
お金かかってる感じがすると余計にね。
プラスアルファで現在、緒方さんに自慢できるっていうのも地味に緊張と期待しちゃうところだよね。
来週?再来週?には数字出るもんね、番組で。

さてまぁ、本題行きましょうか。
ベースの良い曲はやっぱ神なんですよね。
今回のSo Happyは「Close to you」の収録でベースを弾いてくれていた小松さんが作ってくれたわけだけど。
ジャズとポップの融合みたいなサウンドは軽快でありながらゆったりと流れて、
リラックスもスキップも出来る、どんな休日にも、どんな幸せにもマッチする気分を感じられる。
アコースティックライブで聴きたい一曲がまた増えた。
間奏のベースラインで絶対黒須さんと一緒に気持ちよくなれる。
その間奏の後の落ちサビはクラップしたい気分がありますね。
会場がその気持ちを共有してくれるかは分からないけれど。
誰もしてくれなかったら音が出ない程度に手を合わせようかな。
力を抜いた歌唱ながら、彼女の得意なハイトーンはきちんと抑えて爽やかな快感をくれるのもポイント高い。
勝手な直感だけど、なんか地味にサビでワイパーさせてきそうな予感がある。
ハイテンポな曲ではないけどワイパーするには結構早いテンポだから、
リラックス曲なのに疲れた……って感じになったらウケるな。

Sweet Little Journeyの話も。
焦っている雰囲気すら感じるほどハイテンポに走り抜けていく曲。
そんなに急いでどこへ向かうのかなと聴いていくと、思い出を遠ざけるためにひた走っていることが分かる。
「なんて、今のは嘘です」っていうのが象徴的。
無意識にネガティブに考えてしまった焦りを、誤魔化して無理やり前を向く。
油断すると悲しみに暮れてしまいそうだから、そう口にすることで、憂鬱を嘘に変えてしまいたい。
軽快なフリをして、楽し気なフリをして。
意識して口角をあげていたのが、いつか自然になるように。
今はそれが嘘でもいつか本当になるように。
そんなことを祈りながら涙が零れないように走り続ける。
でもいつまでも走ることは出来なくて。
疲れて立ち止まってしまって。
Sweet Tears Fallin'、その時に"スミレ"色の空に打ちあがった花火。
それを見たら自然に"笑顔"が零れて。
悲しみは消えないままでも、今度は無理やりじゃなく前を向くことが出来て。
また旅を続けられるようになった歌。
ポップな曲に、切なさを散りばめて歌う内田さんの表現力を楽しめる逸品。

ぜんぜんうちだあやのはなしじゃない

まぁたまにはね。
アンテアニメ化して内田さん声優になったら先取りになるのでは?(???)
ただあの人に出来そうな主要キャラがあまりいないのが問題ですね。(???????)

さてまぁ、UndertaleのいわゆるPルートエンディングのネタバレ話を追記に入れたので、
それでもいいよって人は読んでくれてもいいんじゃないかな。

続きを読む»

バレンタインに受け取ったものたちの話

物販めっちゃ寒くてキレそうだった。
いや、キレてた。
天気に。
雪がチラつくとかマジでしんどい。
雪そのものは濡れないから雨よりマシだったけど、それくらいの気温だったのがホントに。
魔法瓶に紅茶入れて行ったのが正解すぎた。
足先冷えすぎて終わったあとちょっと歩いたら足痒くなったからね。
揉んでなんとか治せたけど。

運営の販売速度はちゃんとしてたね。
狭い販売所であの速度なら充分だったのでは。
幕張の時に公式ツイッターが改善したとわざわざ明言してたからどんなもんじゃいとは思ってたけど、
ちゃんとそれを継続してくれててそこは嬉しかった。
今回は昼公演もある分、物販が長引いた時の痛手が大きかったしな……。
新木場みたいに昼の部の開場までにだいたいの人が買えてないのは本当によくない。


さて、本編の方にも入りましょうか。
内田さん、トップに持ってくることが出来る曲も多いけど、ラストに持ってこられる曲も本当に増えたよねぇ。
with youもその中の一曲なわけだけど、
それを先頭に持ってきたのは手札が多すぎて、
終盤曲大渋滞で一周して先頭に来てる感あるよね。
でもそれによっていきなりフルスロットルを演出出来てた。
曲の人気もそうだけど、内田さんの曲で一番乗りやすい曲がこれなんじゃないかなっていうのがあって。
バイバイ!じゃあね!のレスポンスは内田さんに追従すれば良いだけだからうろ覚えや初見でもまぁ間違えないで済むし。
そういう意味でも楽しい1曲目になってた。

そこからのFloating HeartYellow Sweetは幕張のメドレーも彷彿とさせるEDM繋がり。
優しいhisakuni曲たちから始まるライブは、バレンタインの名を冠したそれにふさわしい。
この3曲は別の時期、別のアルバムから来ていながら一体となって会場を盛り上げつつ甘く染める。

そしてここでバンドメンバー登場。
どのロック系が来るかと思ったら武道館ぶりのafraid...
いやー、あの時はウィスに被せて叫ぶアホがいたから、ちゃんと回収し直せて本当に良かった。
折角のラブソング縛りならやってほしい気持ちはあったけど、
なかなかセトリに組み込みにくい曲だからどうかなぁとぼんやり思ってて、
だから来てくれてかなりうれしかった。

ここからシリアスRuby eclipseMELODYONE WAY
これらビター系も久々かな。
afraid...も含めてビターの走りであるONE WAYがその一環になってるのが良かったよね。
ONE WAYを下手に神格化も干しもしない感じ。

シリアスはベースが唸り、MELODYはキーボードがギラギラに光っていた。
Ruby eclipseのシンセとギターの調べも震える。
唯一の昼夜変更ポイントだったけど、
多分内田さんとしてもなかなか歌う機会がなかったことは気にしていたんだろうな。
全体の構成としてビターに偏るのもスウィートに偏るのも違う。
その中で綺麗な構成にしつつこれらを同時に組み込むには、この手法がベストだったんだろう。

意外だったのはキリステロを外したところね。
あれもラブソングではあるから、やるかなぁと思っていたので。
終演後動画で本人も表題曲とかやらなかったことに言及していたし、
とにかくもう定番を外すのは今回の裏コンセプトだったのかもなぁ。

そしてここでのカレイドスコープロンド
ビターともまた違ったニューティストは、これまたセトリに混ぜ込みにくい異質存在。
セトリの真ん中に、前後にトークを挟んで、しかも前には企画を挟んで、
それでも歌われたのは曲調の唯一無二さもありつつ何よりも、
本格的なダンスが楽しめる一曲という点があるからだろうと思う。
バンドサウンドじゃなかったのは頭3曲とこれだけだから、
この曲を入れなければ4曲目以降バンドは出ずっぱりでよかったのにそれでも入れたのは大きな意味に見える。
定番を外したセトリということは、逆説的は新しい挑戦をするということに等しいと思う。
それにはこの曲は外せないところなんだろう。
おあつらえ向きにラブソングだしね。
内田さんひとりでの演出も素敵。
幕張での演出は舞台全体が演目のようだったけれど、
今回は内田さんにピンポイントでスポットして見られてそれもまた良かった。
本人は自分にのみ目が向けられるっていうのは緊張するだろうけどねw

その後はキックとパンチHolidayClose to youとここからポップスが続く。
昼の部でキックしたとき「見たでしょー!」ってスカート抑えるのはね、ズル。
卑怯でしょ。禁じ手禁じ手。
生音に乗せてるのにヘラヘラと歌詞を書き換えて、それから自然と歌に戻って、
何気ないその行為にはいつも微笑ましく笑わされる。
と、同時に感嘆もしていたりする。
ふざけながら……つまり自然に、更に歌いながらもちゃんとサウンドは聞き続けている。
歌手には基本ではあるけれど、だからこそ重要なスキル。
歌手歴としてはそれほどのキャリアがない内田さんがこれを当たり前に持っているのは、
きっと声優としての下地がしっかりとあるからだろうなぁと思う。
他の音を聞きながら自分が声を出すと解釈すれば、声優としても持っていなきゃいけないスキルなんだよね。
まぁその内容が「清々しいわ、女子の匂い♪」とかで、流石に変態で笑うんだけどさw
それはもう、女性ファンが応援してくれて嬉しいとかの感情から起因してないでしょww

続くHolidayも楽し気で、ファンとの交流を楽しむ時間が広がっていく。
時折幕張の時の振り付けをしたり、イントロや間奏でクラップを促したり。
そのままオリジナルのイントロから始まる生のClose to youはジャズの風味が強く、
よりシックに、よりスイングの効いたテイストでベースラインの気持ちよさが絶品だと幕張から改めて。
一緒に楽しんだ空気をそのままにそれが優しく包み込まれる。

少し落ち着いた空気に注がれる笑わないでだけど、
……正直、ここだけ、どうもバンドサウンドだと圧が強すぎて、
この曲の切なさが薄れているように感じてしまった。
武道館の時は思わなかったのは会場の広さ所以かなぁ。
力強く伝える曲じゃなく掠れるような消えるような歌だから、生にするなら楽器4本は多いのかも。
新木場の時みたいにひとりだけとか極端なのだけじゃなくても、数人だけ一旦下がるっていうのも全然アリだと思うんよな。
まぁ別の舞台なら感じ方も違うかもだけど。
今回は会場狭かったし、その上俺が結構前方にいたからね。

ただ選曲としてはとても適格だとも思っていて、
Sweet Tearsらしさ、温かさと涙が共存したこの曲をここに置くことで、Close to youの優しさはそのままに涙を誘う。
その後のSweet Dreamerも、優しさの中にほろっと流れる涙の印象。
そこへより温かさのテイストを継ぎ足す。
冷たさの中から温かさを拾うといえばFrozenの情熱も忘れられない。
Frozen morning, Heart Warmingのフレーズはひたすら震えていた。
そして繋がるOrdinaryへと、少しずつ涙と温かさがバトンされていく。
温かさと、悲しさと。
その感情を綯い交ぜにした涙が続く構成は美しい。

シンプルに考えればOrdinaryはラブソングかというと怪しいところだろう。
アップルミントやBlooming!が外されているのを考えれば、"必須"だから入れたかったというわけでもない。
素直になれないあの人が、「この曲を入れること」で意味するところ。
コンセプトを大切にするあの人がここにこの曲を入れたその意味。
それはつまり、ボクらへのラブソングなのだろう。
そうでなければこの曲は浮く。
形式、コンセプト、枠組みを大切にするあの人が、そこから外れたことをするなんて考えられない。
きっと「こういうことですか?」って聞いても教えてはくれないけれど。
でもきっとそういうことなんだと思う。

ここで本編は終了なわけだけど。
ミニライブ?ミディアムライブくらいの規模だったから、
アンコールあるのか結構みんな迷ってたよねw
しばらくたっても明るくならないから「あ、あるんだ!」みたいな感じになったww
それからアンコールの掛け声が始まって数十秒でV始まって動揺したのもちょっと面白かった。
結構グダグダしたよねアレw
映像はよくある声優バラエティ感でまぁ和んだかなw

まぁでもそれくらいじゃ醒めない内田彩ライブ(アンコール間が楽しくなかったって意味ではない)。
アンコールはまずはメンバー紹介から。
「まずはメンバー紹介から」って構成も字面ではシュールだけど、そこは技巧派が集まる内田彩のバックバンド。
奏でられるアドリブが、一気に開場へ火をつけていく。
タカゴーさんがかき鳴らしたその果てで、SHiNさんのドラムが叩くのは聞き覚えのあるフレーズ。
「あ」と思った瞬間に始まるWhat you want!は、今までに聞いたものとは全くの別物。
このライブで一番毛色の違いを見せた曲だと感じている。
元々ひとりで歌うのは無理がある構成の曲だけど、
オケベースだとどこまで補助していいのかな、周り歌ってないのに俺だけ声出したら迷惑になるよなってところが、
バンドベースにすることで一気に解消された。
バンドサウンドなら俺だけだとしても音圧が圧倒的だからそんなに広がらないし、ビートが強くなってよりノリが良くなって気持ちよかった。
EDMとロックの相性の良さが本当に出てたと思う。

ここで一旦小休止、告知のコーナー。
「お前はまだグンマを知らない」ね。
まさかだよね。
いや、このタイトルはずっと知ってたよ。
内田さんがよく話題にしてたもの。
でもいや、まさかというかいよいよというか。
初のタイアップがこれになるとはね。

何故今までタイアップをしてこなかったのかと言えば、
井上さんが「しなくても売れるくらい強い曲を作る覚悟を示すため」って言ってくれてたから、
逆に言えばタイアップをしてしまったらその時って敗北宣言みたいなものなのかもと思っていたんだよね。
タイアップしないと売れなくなっちゃったってことなのかもって思っていたんだよ。

ただそれは、始まる前から売れそうな所謂「これ賭け」レベルだったり、
「何でもいいからタイアップで宣伝文句を増やしたい!」って必死さの見えるモノを想定していたからで、
内田さんに全然関係ないアニメを想定していたからで……。

「おまグン」なら内田さんが前々から応援していた作品だし、
かねてより望んでいた群馬に関わる仕事へ通じる作品だし、
「売ろう!」って気合の入ったタイアップというよりも、
内田さんが喜ぶ要素のためって感じがして色々許せてしまった。

決しておまグンが売れなさそうな作品って言いたいんじゃないけど、
気合入れて売るためのタイアップ!っていうならもっといくらでもあるのに、
或いはなんでもいいから宣伝文句を増やしたい!っていうわけでもなく、
敢えてこれっていうのはなんかこう、タイアップというよりもコラボみたいな印象があるんだよな。
ニュアンスが伝わると嬉しい。

ライブの内容に戻りますか。
ドーナツね、ドーナツ!
さらにそこからのbreezin'
初期からの王道ぶち上げソングで体力のあと残りなんてさせず、
更にワガママツンデレ女子のラブソングという内田彩の本質的楽曲で〆。
キレイなだけで終わらせられない、彼女らしさ。
正直昼はもうもみくちゃだったしわりと何が起こったのかわかんなかったみたいなところあるけれど、シンプルに楽しかったよね。
夜の部の方はまだ落ち着いて見られたかな?
黒須さんも京一さんも全力で煽ってきて、相変わらず内田さんとどっち見たらいいのか分からなくなる。
内田さんは未だに近すぎるとビビってるけど、楽器隊の方から近づいてくれて楽しくなる。
最初の頃は距離感を掴めていなかったのに、仲良くなったなぁとしみじみもして。


終わってみれば清々しさしかなかった。
アップルミントもBlooming!もSUMILE SMILEもMerry GoもSay Goodbye, Say HelloもSweet Rainもキリステロもなかったのにね。
ここに上がってないだけで個人的にあの曲無かったって曲がある人もいることでしょう。
そりゃそうよ。
47曲あるんだもん。
そりゃしゃーない。
ただ、それでも、今回のライブ楽しかったんだよな。
そりゃあそれらがあったら強いよ。
でも、それら以外にもそれに匹敵するか、
場合によっちゃそれ以上のモノが集まってることが再確認できたライブだったと思う。

今回のライブを体感した後だとしみじみ、
表題曲だろうがタイアップ曲だろうがそれ以外だろうが隔てなく強い曲作ってくれてるなって思ったし、
これからもそうしてくれるんだろうっていう信頼も強くなった。
そういった意味でも少しタイアップに前向きになれたライブと言えるし、
それ故に、今回のライブでおまグンの告知がなされたことは受け入れ易かったように感じている。
もっと、別の機会だったら闇抱えてたかなぁ。

あとあと今回、ライブでの告知に合わせて、
アニメ化そのものが情報解禁になったじゃないですか。
それに加えて声優がまだ内田さんしか告知されてないってこれ、
本当に内田さん、アニメスタッフに尊重されているよなぁっていうのがあって、
そういう意味でもちゃんと持ちつ持たれつ感は今から感じていて結構応援する気持ちになってるよ。

衣装の話してなかったね。
衣装ね。
今回の可愛いよねぇ。
Song For Youに準えて、チョコレート衣装にリボンを巻いて、歌っている私をプレゼントってことでしょう。
シンプルにデザインの質もいいし、テーマもいいよね。
パンフの私服風のやつも、料理教室に通う金持ち主婦って感じで結構好き。
アンコールのタイトスカートはメイン衣装のチョコレート部分と同じ布だったよね。
ライブTシャツだけだと31にしちゃ元気感が強くなっちゃうところを、大人なスカートで締めて綺麗なバランスだった。

前回からパンフやその他グッズでライブ中の衣装着ることになって、
衣装制作担当は大変だろうけどw


と、まぁここまでダラダラ書いてきて。
特にまとめとかもないけれど。
今回仮になくてもいつかタイアップする時が来たのであれば今回でよかったなって思うし、
ライブそのものはひたすら楽しかったし、
ボクは本当に、内田さんを追っているだけで幸せになれるなって思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。